弊社グループ社員を装った不審メールについてのお詫び

MASH Holdings

この度、弊社グループの一部のパソコンがコンピューターウイルス「Emotet(エモテット)」に感染し、弊社従業員を装った第三者からの不審なメールが、複数の方へ発信されている事実を確認いたしました。
現在、上記以外の事実関係について引き続き調査しておりますが、二次被害や拡散の防止に努めております。

お客さまならびに関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

該当する不審メールの多くは、送信者の氏名表示とメールアドレスが異なっていることから不審メールとの判断が可能です。具体的には、送信者として弊社グループ従業員氏名が表示されながらも、メールアドレスの@以下が弊社グループ(○○○@mash-holdings.com 等)とは異なっているという特徴が挙げられます。また、不審メールには、パスワード付きZIP形式ファイル等が添付されており、メール本文に添付ファイル名やパスワードが記載されているケースも見受けられます。

当該不審メールに添付されたファイルの開封やメール本文記載のURLのクリックでコンピューターウイルスへの感染や不正アクセスの恐れがありますので、弊社従業員を装った疑わしいメールが届いた際には、送信者アドレスをご確認いただくとともに、@マーク以下が弊社グループ会社のメールアドレスと異なる場合は、添付ファイルの開封や、本文中のURLをクリックせず、メールごと削除していただきますようお願い申し上げます。

弊社グループにおきましては、今回の事態を受け、被害拡大の防止に努めるとともに、より一層の情報セキュリティ対策の強化を推進してまいります。何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

【参考:不審メール文例】

■ご参考

Emotet(エモテット)の詳細につきましては、情報処理推進機構(IPA)の下記サイトをご参照くださいますようお願い申し上げます。