TCFD提言に基づく情報開示

マッシュグループでは、気候変動を重要な経営課題の一つとして認識しています。当社グループでは、サステナビリティに取り組むグループスローガン「SUSTAINABLE & POSITIVE」のもと事業構造を改革するとともに、2022年6月より「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の提言に賛同しています。
持続可能な社会と環境の実現、そして企業としての持続的かつ健全な発展に向けて気候変動への対応および関連する情報の開⽰を積極的に⾏います。

<ガバナンス>

■気候変動の取り組みとTCFD

マッシュグループでは、基本的な気候変動に対する方針をマッシュホールディングスのサステナブル推進委員会で決定し、取締役会で議題として討議を行います。
また、各事業を推進するグループ企業においても、サステナブル推進委員会で担当者を配置する体制を整えるとともに、事業の戦略・推進に気候変動関連の観点を反映しております。

■経営者の役割

マッシュグループ全体の「カーボン・ニュートラルの実現」に対する取り組みは、代表取締役社長が委員長を務めるサステナブル推進委員会を定期的に開催し、気候変動によるリスクと機会について協議を重ねながら、管理・推進してまいります。

■取締役会の監督体制について

取締役会の監督のもと、マッシュグループ全体の気候変動問題に関するリスク管理はマッシュホールディングスのサステナブル推進委員会で行っています。また、マッシュスタイルラボ、マッシュビューティーラボ、マッシュライフラボの3つの事業会社においても同様に委員会を設置し、それぞれ委員長1名と副委員長1~2名を取締役会にて任命しております。
①~⑥の取組を通じ、TCFDの提言に沿って、取締役会にて基本方針や重要事項も踏まえ、総合的に討議・決定をしています。

① グループ全体の共通ゴール設定および進捗管理
② 長期的なサステナブル戦略の立案
③ グループ全体の活動内容の広報活動
④ 事業会社サステナブル推進委員会の管理・サポート
⑤ バックオフィス機能のCO2削減
⑥ 部長会・重役会にて情報共有および報告

今回の賛同・開示を通して、自社を取り巻く外部環境を客観的に分析・熟考する契機とするとともに、適切な情報に基づくリスク管理や戦略策定と実行を展開いたします。あわせて、社内外とのステークホルダーとベクトルを揃えて連携することで、CO2排出量削減に向けた多角的な取り組みを重ねてまいります。

※TCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)
金融安定理事会(FSB)により気候変動がもたらすリスクおよび機会の財務的影響を把握し開示することを目的として設立されたタスクフォース。企業・団体等に対し、気候変動がもたらすリスクおよび機会に関するガバナンス、戦略、リスク管理、指標と目標の項目について開示することを推奨しています。

■本件に関するお問い合わせ